『3年A組』大ヒットで注目! 脚本家・武藤将吾の傑作ドラマ5選

『3年A組』大ヒットで注目! 脚本家・武藤将吾の傑作ドラマ5選

画像:「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」HP

3月10日(日)に放送された最終回の視聴率が15.4%を記録し、今クールの連続ドラマのなかで平均視聴率1位(3月18日現在)に輝いた菅田将暉主演のドラマ『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)。高いクオリティ、熱いメッセージで視聴者のハートを鷲掴みし、ネットでは「3年A組ロス」の声も聞かれる。

 そんな本作で脚本を担当したのが脚本家・武藤将吾氏。今回をきっかけに、武藤氏のファンになったという人もいるはずだ。そこで、彼がこれまで手がけてきたドラマの中から、オススメの5本をセレクトした。

◆多彩なキャラクターが織りなす緻密な群集劇

 まず最初は『電車男』(’05年 フジテレビ系)。インターネット掲示板「2ちゃんねる」の書き込みから生まれたラブストーリーをドラマ化したこの作品で、武藤氏は脚本家デビューを果たした。いわゆるアキバ系のオタク青年「電車男」こと山田剛司(伊藤淳史)と、恋愛に臆病なお嬢様「エルメス」こと青山沙織(伊東美咲)の2人がインターネットを通じて恋を育む姿を描いたこの作品、インターネットが重要なツールとなっているところが後の『3年A組』にも通じており、非常に興味深い。

◆あの“イケメン”人気ドラマも!

 続いては『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』(’07年 フジテレビ系)。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)