子どもにスマホを持たせるべきか?「小中学校への持ち込み禁止」見直しから考える

子どもにスマホを持たせるべきか?「小中学校への持ち込み禁止」見直しから考える

子どもにスマホを持たせるべきか?「小中学校への持ち込み禁止」見直しから考えるの画像

ITジャーナリストの久原健司です。

 文部科学省は2月19日、小中学校へのスマートフォン持ち込みを原則禁止とした通知を見直す方向で検討を始めることを発表しました。この通知は2009年に都道府県教育委員会に対して出されたものです。

◆校内のスマホ持ち込み、トラブルは起きない?

 内閣府の「平成29年度青少年のインターネット利用環境実態調査」によると、満10歳から17歳までの青少年5,000人のうち、スマートフォンやそれに準ずるもの(子ども向け携帯電話も含む)を所有・利用している割合は72.1%。そのうち、小学生では55.5%、中学生では66.7%となっています。

 このように、いまや半数以上の小中学生がスマホを所有しているため、学校への持ち込みに関して再検討するのは当然でしょう。もし学校内へ持ち込みが可能になった場合、どのようなメリット・デメリットが考えられるでしょうか?

 まずメリットは、連絡手段がある点です。実際に、子どものスマホ使用に関してのメリットで最も多いのが「連絡手段」(43.7%)というデータもある通り、子にスマホを持たせる一番の理由は連絡手段であるからです。(親子のモバイル事情調査 参照)

 しかし同時に、不安に感じる親御さんも多いことでしょう。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)