センバツ高校野球、優勝予想5チームを分析。影のV本命も…

センバツ高校野球、優勝予想5チームを分析。影のV本命も…

センバツ高校野球、優勝予想5チームを分析。影のV本命も…の画像

3月23日に開幕した2019年・春の選抜高校野球。第91回を迎える今大会は、スポーツ新聞各紙による事前の戦力比較もかなり割れており、絶対的な候補は不在だ。初出場の8校を含め、どこが優勝してもおかしくない、まさに“群雄割拠”の戦国大会の様相を呈している。

 しかも初戦から星稜(石川)と履正社(大阪)という優勝候補同士の対決が実現し、巷ではこの試合の勝者が準決勝、そして決勝戦に進出すると見る向きもあるが、果たしてそうなるのか……? ということで、ここではこの両校以外で頂点に輝く可能性のある5チームを検証してみたい。

◆横浜(神奈川):エース及川を中心に6度目の甲子園V狙える戦力

 投手陣の中心はプロ注目の最速153キロ左腕・及川雅貴。だが、この及川、調子の波に問題がある。“無双”状態のときとバッティングピッチャー状態のときとの差が激しいのだ。

 それでも及川をカバーする2番手以下の投手陣が充実。制球力の高い背番号10の木下幹也、背番号11の2年生大型左腕・松本隆之介、そして秘密兵器として右アンダースローの背番号18・黒須大誠が控えている。1試合の平均失策0.63と守備陣も堅い。

 一方の攻撃陣も4番・主将の内海貴斗が勝負強い打撃で打線を引っ張り、チーム打率は3割5分5厘と出場校中5位。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)