沖縄の闘鶏で虐待発覚。傷ついた鶏が道端に捨てられる…伝統文化でなぜ?

沖縄の闘鶏で虐待発覚。傷ついた鶏が道端に捨てられる…伝統文化でなぜ?

本田さんのプレハブ近くの道路に捨てられていた、鶏の死骸

闘鶏に使われたとみられる傷ついた鶏が、沖縄県内の農道や畑、ゴミ捨て場などに放置されるという事件が頻発している。そのことに気づいた一人の女性が、鶏たちを保護・飼育し続けていた――。

◆傷ついた鶏を、生きたまま放置。闇闘鶏で動物虐待!?

 沖縄県南部の簡素なプレハブで、数十羽の鶏とともにひとり暮らしている女性がいる。ダイビングインストラクター、水中カメラマンの本田京子さん(41歳)。北海道の出身で、沖縄の海にあこがれて25年前に沖縄へ移住した。

「今日も4羽、サトウキビ畑に捨てられていました」

 本田さんは2017年3月、闘鶏で傷ついたと思われる鶏を名護岳(沖縄本島北部)で発見してから、延べ約140羽の鶏を保護してきた。

「びっくりしました。頭に毛はなく大きな穴が開き、片目を失った鶏が路上に瀕死の状態で横たわっていたんです。周囲の人に聞くと、1週間前から捨てられていたとか。すぐに、鶏を診察できる獣医さんのところに運びました。

 それ以来、ボランティアの方に来ていただける日もありますが、基本は一人での作業。朝はすべての鶏を外のケージに移し、夜は安全のためプレハブの中に戻します。作業は深夜になることも。エサ代や病院の治療費がかなりかかりますが、今は仕事もできないので貯金を取り崩しながらやっています」

◆無抵抗のままいたぶられたと思われる鶏も

 闘鶏とは、古代から世界的に行われている鶏(多くの場合は軍鶏〈しゃも〉)を闘わせる娯楽。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)