「発達障害と就職試験」当事者の切実な悩みとは?

「発達障害と就職試験」当事者の切実な悩みとは?

※写真はイメージです

東京・渋谷にある発達障害バー「The BRATs(ブラッツ)」。ここは、マスター以下スタッフのほぼ全員が“発達障害の当事者”であるバーです。当店には毎晩、僕らと同じように発達障害の悩みを抱えたお客さんたちが数多くいらっしゃいます。そんな生きづらさを抱えた方たちが少しだけ羽を休めに立ち寄るバーの日常を、僕、マスターの光武克(みつたけ・すぐる)がご紹介します。

==【発達障害とは?】==

■自分の世界に閉じこもりがちな「自閉症スペクトラム症」(ASD)

■注意欠陥と衝動性が強い「多動性注意欠陥障害」(ADHD)

■特定分野(計算だけ異常にできないなど)の理解が困難な「学習障害」(LD)

上記の3種類が一般的に知られている。発達障害者はそれぞれ複雑な“特性”を抱えそれによって日常生活において、さまざまな支障が出る人も多い。

=============

◆― 光武克の「発達障害BARにようこそ」第8回 ―

「ねえ、光武さん、私は仕事をして困っている人の役に立ちたいんです。でも、いくつも採用試験に落ちちゃってて……発達障害って社会のお荷物なんでしょうか?」

 こういう悩みを相談していらっしゃった方が本日のお客様です。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)