不倫遺伝子を動物行動学研究家が解説 「2人に1人は一夫一妻制に向いていない」

記事まとめ

  • 『アリル334』という遺伝子をいくつ持つかで真面目型か不倫型かの傾向が表れるという
  • 不倫型と真面目型の割合は約5:5で、2人に1人は一夫一妻制に向いていないとの研究結果
  • 根本的な体のつくりにおいても、人は不倫を想定している生物だとわかるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております