貯蓄0・家賃3万円の事故物件に住む家族が「幸せ」な理由

貯蓄0・家賃3万円の事故物件に住む家族が「幸せ」な理由

夕食の定番は厚揚げのニンニク?油炒め。

40代になれば、生活に余裕が生まれる……そう夢を描いていたが、人々の手取り年収は下がり続けている。年収400万円未満の“低所得おじさん”は増加の一途を辿るばかりだ。70歳まで働く時代に日本社会が抱える課題と当事者の生活に迫る。

◆家賃3万円の事故物件に。家族4人で貯蓄ゼロ暮らし

…羽村英明さん(仮名・43歳・既婚)/アルバイト/年収360万円

 貯蓄や小遣いがゼロでありながら、自らの生活を「幸せです」と語るのは、バイク便勤務9年目で2児の父の羽村英明さん(仮名)だ。

「高校卒業後に古着屋で13年間勤務しましたが、会社が倒産して無職に。同時期に副業でやっていた転売も失敗して40万円の借金を抱え、さらに当時同棲していた彼女が家賃4か月未払いのまま失踪と散々な時期でした。父親との確執で実家にも戻れず、ライフラインを失いホームレスになったんです。その後は値札シール貼りや工事現場、ゲーム動作チェックなどの日雇いを転々としてきましたが、今は先輩に紹介してもらったバイク便に落ち着いています」

 月収は30万円となかなか高給だが、70歳まで続けられる業務内容ではなさそう。

「毎日250〜300km走行し、帰社後にバイトのシフト管理もしているので大変ですね。月収もいいように思えますが、ガソリン代やメンテナンス費は自腹なので手取りは23万円程度。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)