パリから前橋へ。パレ・ド・トーキョーで活躍したフランス人アーティストが鉄板焼きをアートにした

パリから前橋へ。パレ・ド・トーキョーで活躍したフランス人アーティストが鉄板焼きをアートにした

LEDの電飾が付いた「本稼働」状態の「スロット・フード」 撮影/木暮伸也

ガシャン!と木製の巨大なレバーを引くと、9つの巨大な円筒(回胴)がガラガラと音を立てて回りだした。自転車の車輪で作られた回胴には、黒地に白抜きで魚や牛、トウモロコシなどの野菜などのイラストが貼り付けられている。それらは古めかしく薄い木の床板が敷かれた静かな空間の中で、漆喰の壁に大きな音を反響させながら回り続けている。

 ここは群馬県前橋市にあるレンガ作りの倉庫。1913年(大正2年)に建てられたもので、かつては養蚕の街として知られた前橋産の繭や絹糸を保管していた場所らしいが、今は前橋のアート関係者などが倉庫として使用している。

 ガラガラと音を立てていた回胴が止まる。一度に9つの回胴が回り、3つの「出目」が揃う仕組みのようだ。お手製のスロット・マシーンといったところか。そして、我々が見ていた「ペイライン」には豚、魚、牛の図柄が揃った。と、ここでフランス語なまりの英語で、この「スロット・フード(SLOT-FOOD)」なる「作品」の製作者が熱心な口調で解説を始めた。

「このスロット・マシーンには27のレシピの絵が描かれています。3つの『車輪』がそれぞれ前菜、メイン料理と副菜、デザートのレシピになっていて、出た絵柄に従ったレシピの食事を提供するんです。この最初の図柄は豚肉料理、次のこの魚の絵は、イワナですね。スモークしたイワナの料理です。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)