群馬県・前橋中心街が、今なぜかアーティストだらけの強烈な個性の街に

群馬県・前橋中心街が、今なぜかアーティストだらけの強烈な個性の街に

路上に展示されていたのか、ただ駐車されていたのか定かではないが、長らく設置されていた小野田さんの作品 2018年4月29日撮影

群馬県の県庁所在地、前橋市。詩人・萩原朔太郎の生家があり広瀬川が流れる市の中心街は、今、アーティストたちがさまざまなことを企む面白い街になっている。

 中央前橋駅から広瀬川沿いに北西方向へのんびりと散歩しだすと、200メートルほどで最近移築された岡本太郎作の「太陽の鐘」が見えてくる。そこからほんの150メートルほど歩けば、萩原朔太郎の銅像が目に入る。周辺には朔太郎の生家が移築された記念館や文学館がある。そこからほんの少し歩き、弁天通りというアーケード商店街へと左に曲がると、ほどなく右手に大蓮寺というお寺が見えてくる。

 この大蓮寺を出発地として、毎年春と秋に「駅家ノ木馬祭(うまやのもくばまつり)」という街中を練り歩くお祭りが開かれている(今年の春の木馬祭は4月29日に開催)。法被を来た数十人の人々が「木馬だ、木馬だ、ダーダーダー」と掛け声を発しながら、木馬を引いたり、馬の顔がついた棒を天に向かって突き上げながら、ゆっくりと歩いていく。

 この地で長く続く伝統行事……と思いきや、実はこれは芸術家でダダイストの白川昌生さん(71歳)が2011年から始めた「継続的アートパフォーマンス」だ。「ダダイズムの『ダダ』という言葉の発祥の地は前橋」(本当はスイス・チューリヒで、1916年にトリスタン・ツァラが命名した)という「フェイク昔話」を基に構築されている(本当はもっと長い、いろいろと虚実ないまぜの物語がある)。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)