「娘をレイプした父親を無罪」バカ判決の裁判長は他にも…

「娘をレイプした父親を無罪」バカ判決の裁判長は他にも…

※写真はイメージです

週刊新潮が2019年4月18日号で『娘を性のはけ口にした父が無罪というバカ判決「裁判長」』という記事を出した。名古屋地裁岡崎支部の鵜飼祐充裁判長(59)が父親による凌辱事件を判決で「事実」と認めながら、最終的には「無罪」としたというものだ。同誌は帰宅途中の鵜飼裁判長に直撃し、自転車で逃げ去るまでの一部始終を詳述している。

◆JKビジネスの訴訟案件も……

 この一件は4月4日の共同電を皮切りに、全国で一斉に報道され、作家の北原みのりさんらによる「性暴力と性暴力判決に抗議するスタンディング・デモ」に発展したり、ネット上で鵜飼裁判長の罷免を求める署名活動まで巻き起こっている。こうした動きに対し、NHKの番組『みんなで筋肉体操』で人気の小林航太弁護士が〈法教育以前に、正義感振りかざしてオナニーしたいだけの人達には日本語が通じないんだよな〉とツイッターでつぶやいたことから、さらに炎上する騒ぎにもなっている。

 鵜飼裁判長は2015年3月、全国最年少首長だった岐阜県美濃加茂市長が事前収賄罪などに問われた事件で、「無罪」を言い渡した裁判長としても有名だった(その後、控訴審では逆転有罪、最高裁でも上告を棄却され、有罪が確定している)。

 筆者は12年前から週刊実話で『男と女の性犯罪実録調書』を連載している関係で、鵜飼裁判長が訴訟指揮を執った公判を何度か見たことがあるが、そのうちの1回はJK撮影会を舞台にした児童ポルノ製造事件(2015年)で、淡々とした物腰で被告人を諭すように話す印象が強い裁判長だった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)