転職4回×副業で、年収240万円から5000万円に激増した男の働き方

転職4回×副業で、年収240万円から5000万円に激増した男の働き方

転職4回×副業で、年収240万円から5000万円に激増した男の働き方の画像

「すべての創作は模倣から始まる」という言葉通り、稼ぎたければ「すでに稼いでいる人」をトレースすることが重要だ。明日の成功を勝ち取るために、まずは旬な成功者たちの金言に耳を傾けてみよう。

◆「次世代型サラリーマン」が説く稼ぎ続けるキャリア思考

「これから稼げる人は、会社の看板に依存するのではなく、自分の力を会社の看板に掛け合わせてレバレッジを効かせられる人だと思うんですよね。『〇〇会社に所属してます』ではなく『僕、こんなことが出来るので○○会社にいます』っていうスタイルにした方がいい。会社に安定を求めるのではなく、副業などを通じて、自分が何をできる人材なのかという“タグ”をつけていく方が、これからは安定すると思います」

 そう話すのは、SNSを中心に独自のキャリア論で人気を博すmoto氏だ。新卒では年収240万円で地方のホームセンターに就職しながら、32歳までに4度の転職を経験。そのたびに年収を上げ続け、現在は本業年収1250万円、さらに自身の経験を生かした副業のブログ運営でも年収4000万円を達成。その尋常ではない稼ぎぶりが「次世代型サラリーマン」として注目を集めている。彼の稼ぎを支える思考法とは?

「僕が考えてきたのは、『自分株式会社』という発想です。自分を企業に見立てて考えたときに、取引先が1社(本業)だけでは、そこから得られる収入には限界がありますし、もし仮にその取引が終わってしまったら倒産してしまうリスクがあります。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)