入社2日で辞めたモノ言う新卒女子「就業規則違反で訴えますよ」

入社2日で辞めたモノ言う新卒女子「就業規則違反で訴えますよ」

入社2日で辞めたモノ言う新卒女子「就業規則違反で訴えますよ」の画像

大型商業施設に入るOL服などを販売するアパレルの店長の竹山幸雄さん(仮名・35歳)は、18歳の新人女子が入社すると分かって少しウキウキしていた。「若い女の子がいるだけで、店はぱっと華やかになるし、女性客も増えるだろう」と見込んだからだ。

 ところが入社した新人にあ然。華うんぬんの前に、常識がなかったからだ。

◆初日に遅刻した理由が…

「初日、その子が30分も遅刻してきたんです。遅刻の理由が『間違えて違う店舗で働こうとした』からだそうです。うちの店の下の階にある別の店に入り、ロッカーで制服が届くのを待っていたとのこと。その店の店長から指摘され、店を間違ったことに気づいたそうで」

 そもそも、自分が働く店舗の名前も覚えていないという、なかなかぶっ飛んだ新人女子。

「ショックでした。彼女が間違えた店舗はウチと系統がまるで違う。勤務する店くらい把握しといて欲しかった。でも、すごく焦った感じで来たし、しっかりと謝罪していた。だから大丈夫かと思ったけど…」

 だがその新人と話をすると、「地方の高校を卒業して上京してきたばかり」という。それで、徐々に不安が広がっていった竹山さん。

「自分が東京で就職した時は、1か月前に上京して、部屋を探して引越しをして、半月ぐらい新しいアパートで暮らしながら、東京を知りたいと新宿、渋谷はもちろん、職場近辺にも出かけて、他のアパレル店を覗いたり、美味しい店で食事を楽しんだりしました。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)