平成プロ野球ベストナイン総選挙・先発投手編。2位にマー君、1位は…

抑えられて悔しいんだけど、気持ちよかったですね」と当時を振り返る。

 同じく、近鉄時代、ルーキーの松坂と対戦した石井浩郎は「ワンバウンドするくらいの角度から、唸るようにストライクゾーンに伸びてくる。ほかのピッチャーとは球筋が全然違い、これは打てないなと思いました」と語る。

 2位は田中将大。楽天時代、監督として接し、「マー君、神の子、不思議な子」の名言を残した野村克也はマー君を1位に推した一人だ。

「スライダーがとにかく良かった。普通はストレートの速さが基準になるんだけど、マー君だけはスライダーを見て『このスライダーはプロで通用する』という思いで使ったんです。伊藤智仁と重なるところがあった」と、新人時代にしてその規格外ぶりを賞賛。

「1試合のなかでのマネジメントがしっかりできる。相手打者や場面に応じて投球に強弱をつけられる」(山ア武司)など、投手としての完成度の高さが評価された。

 3位は日本人メジャーリーガーの草分け的な存在である野茂英雄。

「真っすぐとフォークだけで勝負できる。衝撃を受けました」(潮崎哲也)

「野茂の凄さはフォークボールのコントロール。空振りを奪うフォークとストライクを取るフォークを投げ分けていたから三振を量産できた」(西崎幸広)

 4位は平成初期の巨人のエース・斎藤雅樹。

関連記事(外部サイト)