平成プロ野球ベストナイン総選挙・先発投手編。2位にマー君、1位は…



 池山隆寛は「サイドスローで140q後半のストレートを投げるピッチャーは斎藤さんだけ。実際に対戦してきた中でナンバーワン」と語る。

「投手の分業制が確立した今、斎藤に並ぶ選手は出てこないだろう」(張本勲)

「彼こそが最後のエース」(江本孟紀)

 と、2年連続20勝、11連続完投勝利という先発完投の美学を評価する声も多かった。

 5位はダルビッシュ有。

「彼のスライダーは膝元で消える」(立浪和義)

「カットボールやツーシームのような『速い変化球』は打者が練習する機会もなく大きな武器」(篠塚和典)

 と、多彩な変化球に脱帽する声が多数上がった。

取材・文/週刊SPA!編集部

※4/23発売の週刊SPA!「平成プロ野球[ベストナイン]総選挙」より

前へ 1 2 3 4 5

関連記事(外部サイト)