「刑務所に戻りたい」から万引きを繰り返す…貧困老人の闇

「刑務所に戻りたい」から万引きを繰り返す…貧困老人の闇

「刑務所に戻りたい」から万引きを繰り返す…貧困老人の闇の画像

「真面目に働いていたはずなのに、悲惨な老後が待っていた」。これが今の日本の現実なのだ。普通の勤め人として中流以上の生活を送ってきたのに、彼らはなぜ生活苦に陥ったのか?

◆万引老人…貧困にあえぐ「社会的弱者」

 貧困に耐えかねた絶望老人による万引事件があとを絶たない。東京都青少年・治安対策本部によれば、生活保護受給者の割合や借金の状況を踏まえると、都内の老人の万引被疑者の経済状況は客観的には生活苦といえず、むしろ主観的に「自分の生活は苦しい」と感じている者が半数だという(「高齢者による万引に関する報告書」東京都2017年)。とはいえ、明確な貧困を理由に万引をする高齢者は多数いるのだ。

「彼らは犯罪者というよりも、『社会的弱者』という印象です」

 こう語るのは、万引Gメンであり、『万引き老人』の著者でもある伊東ゆう氏(ジーワンセキュリティサービス)だ。

 伊東氏は今年2月、関東近郊のスーパーで万引をした76歳の男性を捕まえた。かつてトラックの運転手をしていたが、現在は年金生活者。盗んだ品はお菓子、野菜、惣菜、日用品と多岐にわたった。所持金は全財産の3000円のみで、万引品の買い取りは拒否。「タバコ代がなくなっちゃう……」と思わず本音を漏らしたという。

「結局、店側は手続きの煩雑さから被害届を出しませんでした。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)