知られざるパラリンピック柔道の魅力。選手の区別は障害の度合いではなく体重だけ

知られざるパラリンピック柔道の魅力。選手の区別は障害の度合いではなく体重だけ

成績優秀者にはメダルとタコが授与されました!

〜今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪 第70回〜

 フモフモ編集長と申します。僕は普段、スポーツ観戦記をつづった「スポーツ見るもの語る者〜フモフモコラム」というブログを運営しているスポーツ好きブロガーです。2012年のロンドン五輪の際には『自由すぎるオリンピック観戦術』なる著書を刊行するなど、知っている人は知っている(※知らない人は知らない)存在です。今回は日刊SPA!にお邪魔しまして、新たなスポーツ観戦の旅に出ることにしました。

「東京五輪で柔道を見るのは難しいだろうが気分だけでも味わいたい」……そんなワガママに答えてくれる期待の穴場、それが視覚障がい者柔道、パラリンピックのほうの柔道です。2020年大会では男子7階級、女子6階級が実施されることになっており、基本的にはオリンピックのほうの柔道と同じ感じ。組んで、投げて、一本を狙う。おなじみのルール、おなじみの競技。会場も同じ日本武道館です。

 違うのは出場する選手が視覚に不自由を抱えていることだけ。全盲から弱視まで不自由はそれぞれですが、その辺はいたってアバウトで、見え方によって細かく選手をわけるようなことはありません。選手たちを区別するのは体重による階級だけです。見えないことでの有利不利をことさらに気にしたりはしない「強い者」たちの戦い。うむ、「2020年大会で人気競技・柔道を見た」という雰囲気を味わうには何の不足もないでしょう。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)