メルシャンの1万円ウイスキーが、響21年みたいにプレミアムウイスキーに化けた話

メルシャンの1万円ウイスキーが、響21年みたいにプレミアムウイスキーに化けた話

軽井沢ビンテージ1986。このシリーズには様々な瓶詰年がある

腕時計投資家の斉藤由貴生です。最近、私は1つの投資に成功し、20万円以上という利益を手にしました。しかし、それは腕時計ではなく、ウイスキー投資。十数年前に買ったウイスキーがずいぶんな高値で売れたのです。

 ウイスキーは、栓を開けたら価値がなくなってしまうため、腕時計のように「使って⇒楽しんで⇒売却する」ということができません。そのため、私はウイスキー投資には積極的ではないのですが、面白いウイスキーを見つけたら、迷わず買っていた時期があったのです。

 ウイスキーは、腕時計ほどの値動きをしないものの、値下がりしにくいアイテムだといえます。十数年前の段階でも、同様の状況となっていたため、気になるウイスキーを見かけた場合は躊躇せず買うことができたのです。

 通常、モノは買った値段と同じ額で売るのは難しいため、価格を見て「高いか安いか」を判断します。そして、そのような観点で、高級ウイスキーを見た場合、「たった700mlしか入っていないのに1万円もするのか」と思ってしまうことでしょう。

 確かにそれは正解で、栓を開けたら「700mlで1万円」に変化します。けれども、ウイスキーは一度栓を開けても、劣化せず何日間も飲むことができます。そのため、同じ「700mlで1万円」でも、栓を開けたらすぐに劣化するワインとは異なる性質だといえるのです。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)