34歳男性が語った「男らしさから降りていい」という言葉の無責任さ。家族の借金を800万円以上肩代わりしたのに…

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 関口さんは有名大学を出てIT企業で働きながら、家族の借金返済で800万円超の借金を抱える弱者男性となった。
  • がん発覚後、保険無ければ医療費で多重債務となりかけたが、保険で助かった。男性は逆境では自助努力以外に道がないと指摘した。
  • 「男らしさから降りていい」と言われても、女性から支援が得られず、最初から弱みを見せる意味はない、と結論付けた。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

34歳男性が語った「男らしさから降りていい」という言葉の無責任さ。家族の借金を800万円以上肩代わりしたのに…

写真はイメージです

経済面や健康上の問題を抱えるなどして、社会の網からこぼれ落ちた人々を指す「弱者男性」という言葉。高学歴で高収入……一見、順風満帆なハイスぺ男性でも、さまざまなきっかけで転落する可能性はある。ハイスペがゆえに、周囲からは同情されず、社会保障も受けられない。そんな”隠れ弱者男性”がいるのではないか。
◆年収500万も借金の返済で消える。近親者によって「弱者男性」に

 弱者男性はなぜ生まれるのか。その起源を調べていくと、常に見え隠れするのは「近親者の問題」だ。たとえば、取材に応じてくれた関口さん(仮名・34歳)は、親族によって弱者へ引きずり下ろされる人生を歩んでいた。

「有名国立大を出て、外資系企業で働きました。それからさらに転職し、今はIT企業でファイナンスを担当しています」

 カチッとしたシャツに、メタルフレームのメガネが光る。その姿にふさわしい、キラキラのエリート街道。しかし、その経歴には影の一面がある。関口さんの叔母にあたる人物が、祖父母の資産をすべて引っ張り借金までさせて男に貢いだ末に、男に無理心中で殺害されたのだ。

 周りに隠して娘に大金を流した祖母と、亭主関白で家のことなど何も知らない祖父。姉である関口さんの母がそれを知ったときには全てが終わっていた。

「だいたい15歳ごろですね、自分の家の状況を把握したのは。家の借金を返済することになるんだろうなと、ぼんやり思っていました」

 関口さんの初年俸は約500万円。平均を大きく上回る額だが、その大半が借金の返済に消えた。

◆借金返済後に祖父母が病気に。医療費と介護費がかさみ再び借金生活

「さらに祖父母に病気が続きました。がんになったり認知症になったり、最終的には葬儀代も僕が負担しました。借金だけなら終わりが見えるんですが、医療費や介護費は何年続いていくらかかるか、先が見えない。給料では払いきれず、金融機関や友人に何件も借金をしました。それがきっかけで友達から絶縁されたこともありますね」

 関口さんは累積で800万円以上の借金を肩代わりしている。手取りの半分以上は借金返済に充てられた。そうした状況で一人暮らしをするわけにもいかず、介護士として働く母親との実家暮らしが続いた。

 同期は早々に結婚し、ローンを組んでタワマンや高級住宅地で新生活を営む。かたや、借金返済に追われ、結婚や子供など考えられない日々。周りを羨んだことはないか、という問いかけに対しては、「高級住宅街を見ると、これ全部燃やしたら楽しいだろうな、と思ったことがある」と述懐する。

◆交際していた女性との結婚も破綻してしまった

 母親を捨てて、自分だけ幸せになる道はなかったのかという問いには「母は家の問題やお金に弱い面もありますが、ひとり親で苦労して自分を育てたので。今でも恨んではいないです」と。弱者男性は家族への恨みというよりも「愛」に縛られているケースが多い。

 連載第2回に登場した男性・みさこさんも、母親からのネグレクトに苦しみながら、絶縁には至らなかった。「こんな一面さえなければいい人なのに」と言いたくなるような親族がいることは珍しくないだろう。その絶縁するほどでもない関係性が、家族を道連れにしてしまう。

 それでも希望はあった。関口さんの内面を見てくれる女性が、いないわけではなかった。いっとき、関口さんは結婚を見据えて女性とお付き合いしていた。

「相手の親御さんがうんと言わなくて。当然だと思います。せっかく頑張って育てた娘に、金銭的苦労をしてほしいと思うわけがない」

◆借金地獄の終わりを目前に自身にがんが発覚

 それでも、終わりはある。30代後半になり、関口さんの借金は残りわずかとなった。ところが、無理がたたったのか、胃がんが見つかった。ステージ3だった。取材した当時、関口さんは胃の大半を切除する大がかりな手術を終えたばかりだった。日本には高額療養費制度があり、月に一定額以上の医療費がかかっても、健康保険で負担してもらえる。

 ところが、この限度額は年収で変わる。年収1000万円を超えていた関口さんは、約25万円まで自己負担の上限額が上がっていた。しかし、手取りを返済に充ててきた関口さんには、貯金がほとんどない。

 ギリギリのところで関口さんを救ったのは、家系的に自分もいずれがんになるだろうと、少ない手元資金から払い続けていたがん保険だった。もし保険がなかったら、年収1000万円を超えながら、仕事を休んでカードローンでお金を工面する多重債務者に逆戻りする可能性もあった。不幸中の幸いだったと、関口さんは語る。

 こういった苦境は、男女問わず訪れる。だが、そこで対処法は変わってくる。

◆「自分がもし女性だったら…」

「自分がもし女性だったら、すぐソープ嬢になっただろうなと思います。あとは、最近話題になった、パパ活でお金を引っ張る“頂き女子”もやるでしょうね。犯罪ではないまでも、あまり褒められたものではない副業も実際やってきましたし、生きるためなので手段を選んでいられません」

 こうして見ていくと、関口さんの人生はすべてが綱渡りだ。もしカードローンの借金を低利で貸し替えてくれた友人がいなかったら。もしがん保険に入っていなかったら。もし、関口さん自身が借金を返していこうと思うバイタリティや、体力の持ち主でなかったら。関口さんはインタビューに応じることすら不可能な場所へ、追いやられていたかもしれない。

◆“男らしさから降りていい”という言葉の無責任さ

「よく、女性が『男らしさから降りていい』って言うじゃないですか。あれって、意味ないよなって思うんですよね。降りても生きていく道がないじゃないですか。そうやって、ただの弱者になった男性と暮らせる女性って、いないと思うんですよ。僕も元恋人との交際は破綻したわけですし。女性が稼ぐようになっても、いまだに下方婚する人は少ないですよね。マインドの話だから、女性に変われといって変わるものでもない。安全圏から言うのは簡単ですけれども、こういう事実がある限り、自分で強くなって、逆境をはねのけるしかないんです」

 男性たるもの、一家の大黒柱になるだけの稼ぎを持つべきだ。男性たるもの、苦難に襲われても自分でなんとかすべき。こういった言葉を聞くと「昭和かよ」と笑いたくなる気持ちはわかる。だが、現在の男性は実際のところ、昭和とそう変わらない環境に置かれているのではないか。

「男だって弱音を吐いていい、泣いていい」と言われたところで、その声に耳を傾けてくれる人は少ない。最終的には自助努力で何とかしろと言われるのならば、最初から弱みを見せることに意味はあるのだろうか。そんな疑問を、すべての男性は抱かざるをえないはずだ。



【トイアンナ】

ライター、経営者。主にキャリアや恋愛について執筆。5000人以上の悩み相談を聞き、弱者男性に関しても記事を寄稿。。近著に『ハピネスエンディング株式会社』(小学館)。X:@10anj10

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?