ユニクロ・GU・ZARA「価格以上の満足度」に感動する“冬の傑作アイテム”5選

Robot Icon

AIざっくり要約

  • ファストファッション店舗の人気アイテムや注目アイテム5点を紹介。
  • ユニクロの人気アイテムであるハイブリッドダウンパーカや、GUの肉感もがあるヘビーウェイトスウェットパンツを取り上げる。
  • 最後はZARAの人気ブーツがビブラムソールを採用し、驚きの価格設定となっていることを伝えた。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

ユニクロ・GU・ZARA「価格以上の満足度」に感動する“冬の傑作アイテム”5選

VIBRAM® レザーローファー

メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第457回目をよろしくお願いします。
 今回は「2023年秋冬ファストファッションこれは買っておいて間違いない!」という総決算を行います。ユニクロ、GU、ZARAなどの中から選抜。

 価格以上の満足度を与えてくれるこの冬のヒット作を紹介していきましょう。

◆冬のユニクロにおける代名詞的存在
・ハイブリッドダウンパーカ(3Dカット) 1万2900円

 まずは冬のユニクロにおける代名詞的存在「ハイブリッドダウンパーカ」です。

 何度かのリリースになりますが発売のたびにアップデートを繰り返し、素材やディティール、シルエットなどどんどん進化しています。

 今季のモデルは3Dカットになっており、袖やフード部分などが立体的に進化。腕の形に合わせて傾斜させていたり、頭の形に合わせてフードが立体的になっていたりと、よりシルエットがキレイになっています。

◆スッキリとしたシルエットと確かな防寒性

 袖を通すと今まで出やすかったシワなどが消えており、より高級感のある印象となりました。フードの立ちもよくなって、さらに小顔効果も強めに。

 もちろんハイリッドダウンパーカの魅力であり、「スッキリとしたシルエットと確かな防寒性」はそのまま。袖周りは薄手の機能性中綿、ボディ部分はダウンを採用しており暖かいんだけど、シルエットがブルゾンのようにきれいです。

 ただ、その分北海道などの寒冷地だと少々寒いよう。雪国などでの着用は中にヒートテックなど厚手をするといいでしょう。

 物価高のこのご時世にまだ1万円台前半をキープできているのは本当にすごい。これだけパーツが多く、縫製箇所も複雑。中綿と裏地まであって、この価格は他ブランドでは絶対にできないですよ。

◆ニットとは思えないほど着用感と完璧なシルエット
・ウォッシャブルストレッチミラノリブクルーネックセーター(長袖) 3990円

 ニット嫌いな僕を唸らせた名作。

 ニットって暑くないですか?チクチクして不快だし蒸れやすい、確かに防寒性は高いけどかさばったもこもこのシルエットや着用感が気に入らず……結局、インナーはスウェットで冬を越してしまうことが多いのです。

 しかし、ユニクロのこちらはニットとは思えないほど着用感もシルエットも完璧。毛羽立ちが一切なくチクチク感もなし。しかも、ストレッチ性が高く着用感も柔らかい。

 洗濯機で洗えてなんとハンガーで干しても型崩れがしにくい(厚手ニットはハンガーで干せば大概型崩れします)優れもの。さらに防寒性はある程度あるものの蒸れにくく、スウェットとニットの中間のような存在。

◆3990円でこのクオリティはユニクロ以外ありえない

 素材感的に冬限定というわけではなく、春まで使えるのも嬉しい。今季は色展開が増えており、思わず複数枚買ってしまいました。3990円でこのクオリティはユニクロ以外ありえないでしょう。

 ユニクロといえばエクストラファインメリノシリーズやカシミアシリーズなどが有名ですが、実はこちら隠れた名作。

 それらよりも着心地も耐久性も使える期間も風合いも僕は好みです。ぜひ一度お試しください。

◆本格的な肉感を誇る傑作スウェット
・ヘビーウェイトスウェットパーカ(長袖)(セットアップ可能) 2990円

 GU最強シリーズ「ヘビーウェイトスウェット」。

 古着のチャンピオンなどにあるような本格的な肉感があるスウェット。ガッシリと力強く作られた素材感は目の肥えた服好きをも魅了。表参道や渋谷などを歩いていてもこのスウェットシリーズよく見かけます。

 しかも、古着のスウェットのように毛羽立ちや毛玉がついているわけでなく、表面はやや光沢のあるクリーンな印象。厚手のしっかりした質感に、綺麗な光沢のある風合い。これで2990円って凄すぎる。

◆素材感はファストファッション史上最強

 今年はパーカやスウェットシャツだけでなく、ワイドパンツやカーディガン、ハーフジッププルオーバーなどさまざまなバリエーションを展開しています。

 少し重さがあるため、着心地という意味ではユニクロに一歩及ばずではありますが、素材感だけでいえばファストファッション史上ピカイチ。

 古着好きやブランド好きをも納得させる超高品質のスウェットシリーズです。

◆大幅にアップデートされたGUの定番コート
・バルマカーンコート(チェック)SW 2990円

 GU定番のロングコート。ややオーバーサイズであるものの、ウールに似せた落ち感のある素材を採用しており、ONでも対応できうほどきれいな印象。

 チェック柄とネイビーの2色展開となっています。

 毎年こちら定番で展開しているのですが、必ず素材のアップデートが入っており……今年のモデルがピカイチの出来。

◆化学繊維らしい安っぽさは皆無

 最初にリリースされた時はまだ化学繊維らしい安っぽさが少しありましたが、今年のモデルはもはやウール! ぱっと見の印象ならほとんどの人を誤魔化すことができるでしょう。

 袖のサイズ調整ストラップなど新しいディティールも積んでさらにコスパよくなりました。やや薄手なので秋春向けのコート、それだけに今の時期はこの破格で購入可能です。

◆有名ブランドも採用する高級ソールを搭載
・VIBRAM® レザーローファー 1万8990円

 最後はZARA今年究極コスパのアイテム。

 アメリカ軍が採用することで有名なビブラムソールを搭載した逸品。ビブラムソールといえば、有名ブランドなども多数採用するイタリアを代表する高級ソール。

 ブーツや革靴、スニーカーなどシューズカテゴリ問わず搭載したモデルが人気で、その仕入れ値も他ソールと比較して何倍もする高級品です。

◆どうやっても他ブランドは真似できない超コスパ

 一般的にリアルレザーの革靴でビブラムソール搭載だと3万~4万円はするのが多く、1万8000円ほどで出せているZARAに驚き。「なぜこの価格で出せるのか」と首を捻っています。

 今年は何度かこのシリーズをリリースしており、最新型はローファーにビブラムソールを積んだハイブランドライクなものも提案。これ本当、どうやっても他ブランドは真似できない超コスパですよ。完売前にぜひ。

 以上、「2023年秋冬ファストファッションこれは買っておいて間違いない!」でした!是非ご参考に。



【MB】

ファッションバイヤー。最新刊『MBの偏愛ブランド図鑑』のほか、『最速でおしゃれに見せる方法 』『最速でおしゃれに見せる方法』『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』など関連書籍が累計200万部を突破。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」、ユーチューブ「MBチャンネル」も話題に。年間の被服費は1000万円超! (Twitterアカウント:@MBKnowerMag)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?