「ユニクロだと少し物足りない人」が買うべき“格安なのに高級感抜群の3ブランド”――2023年大反響トップ10

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 格安なブランドのスーツや服は完成度が高く、高級ブランドとのコラボモデルもある。
  • NUMBERSは都市生活向けの機能性の高い服を提供。印象的なプリントデザインが特徴。
  • TELICのサンダルは厚底ながら疲労感が少なく、体型を優雅に見せてくれる安価な選択肢だ.

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

「ユニクロだと少し物足りない人」が買うべき“格安なのに高級感抜群の3ブランド”――2023年大反響トップ10

Salon de GW ストレッチTRジャケット

2023年、反響の大きかった記事からジャンル別にトップ10を発表。男性の身だしなみがワンランクアップする「ファッション」部門の第3位はこちら!(集計期間は2023年1月~10月まで。初公開2023年7月19日 記事は取材時の状況。価格の変更や現在販売していない商品もあります) *  *  *

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。よろしくお願いします。

◆「こだわりあるけど格安で手に入る」ブランド

 今回は大人におすすめしたいとっておきの3ブランドを紹介。スーツ、普段着、シューズの3カテゴリでとっておきを教えます。

「え? スーツなんて紳士服量販店で十分? 普段着なんてユニクロでいい? シューズはGUでOK」……そう思ってる人ほどぜひご覧あれ。

 特に30代以上の大人男子におすすめ。「こだわりあるけど格安で手に入る」とっておきブランドをぜひ知識として入れておいてください!

◆★スーツならこれ以上のコスパはない!
・Salon de GW ストレッチTRジャケット 1万1990円

・Salon de GW ストレッチTRパンツ 7920円

 イオンモールなどの大規模SCに入っていることが多い「グローバルワーク」。メンズレディス問わず脱ユニクロ的な「低価格&ちょい格上デザイン」を提案しているブランドです。そんな量販ブランドであるグローバルワークが本気を出して取り組んでいるのが実はフォーマルウェア。

「Salon de GW/サロンドグローバルワーク」と銘打って展開するスーツラインは、本格的な着用シーズンを迎える前に毎度完売してしまう大人気商品。

 今回も真夏のこの時期から予約がスタートしていますが、すでに完売しているものがあるほど。

◆高級ジャケットブランドとの意外すぎたコラボ

 ぜひ量販ブランドのスーツラインがここまで人気があるのか……それは製作監修に「リングヂャケット」が担当しているから。国内外で高く評価されている老舗であり、1着10万円を超えるものも珍しくない高級ジャケットブランド。

 いいジャケット、いいスーツと言えば、このブランドを連想する人も決して珍しくはないでしょう。

 トラッドの世界では絶大な信頼を得ているリングヂャケットが、まさかのグローバルワークとの意外すぎるコラボということで1stシーズンから話題沸騰。最初期には転売が起こるほどの人気過熱ぶりでした。

◆グローバルワークらしさも忘れない

 10分の1ほどの価格設定で出来を心配される人も当初多かったですが、現在までファンの反応もおおむね良好なよう。

 ちゃんとリングヂャケットらしさがあり、肩や袖ぐりから袖先に向かうフォルムなどきちんと美しく再現できています。パッドなどを省略し、イージーケアの素材を使うなどグローバルワークらしさもきちんと盛り込まれており、完成度は極めて高い。

 上下で合わせて2万円を切る価格でこれだけのスーツが手に入るなら文句なし。ユニクロのスーツなどもいいですが、大人なら「ちょっと格上」を試してみてください。価格が違うので、そりゃそうなんですが……ユニクロより断然完成度高いですよ。

◆★普段着もワンランク格上に! でも値段は格下のまま!
・NUMERALS プリントTシャツ 4950円

 都市生活に最適な機能性とデザインを求め立ち上げられた新ライン「NUMERALS」。こちら運営するのはショッピングモールでよく見かけるniko and…。トレンドのアウトドア要素を盛り込みつつ、程よくモダンな印象に仕上げています。

「山登り」的なアウトドアは今やどこでも見かけます、ワークマンをはじめさまざまなブランドが展開しているところ。

 NUMERALSはクリーンな素材感、モードなグラフィックデザインなどでアウトドアをより都会的に洗練させているのがウリ。

◆大人の普段着カジュアルに最適

 価格帯は手頃ですが素材感やデザイン、シルエットに至るまで作り込んでおり、Tシャツだけでも十分違いはわかります。

 光沢のあるツルッとした素材感とほどよいリラックスサイズ。特にグラフィックは力を入れており、ユニクロなどのプリントTシャツとは一線を画す出来に。これで4950円なら超お買い得です。

 小物からパンツまでフルラインナップでそろっているブランドですが、今の時期ならTシャツやハーフパンツがおすすめ。どのアイテムも機能的でイージーケアを意識したものが多く、大人の普段着カジュアルに最適。おすすめです。

◆★体型を美しく見せてくれるのに、値段も安く、疲れない!
・TELIC W-CLOUD – Black - 意匠出願中 1万120円

 もうサンダルはこのブランドで決まりでしょ。よくある「プラットフォーム」サンダルの決定版だと僕は思っています。プラットフォームとはつまり厚底。Y2K(2000年の意)の時代にトレンドとなった「厚底サンダル」が20年の時を経て現代にリバイバルしているのです。

 当時とは異なり、ブーツだけでなくレディスだけでなく……サンダルからスニーカーまでメンズからレディスまで全方位に幅を広げて展開されています。

 とにかくポイントは「足長・身長」を盛れるところ。上手に作っているアイテムだと「シークレットシューズ」感がなく自然な印象で盛ることができる。

◆別人のように体型がきれいに見える

 およそ5~6cmほど盛ってあるものが多いので170cmの人が175cm超えになる! 鏡で見るとまるで別人のように体型がきれいに見えます。

 さらにトレンドのワイドシルエットやブーツカットなどを選んであげれば、厚底はすっぽり隠れてて目立たないので尚良し。

 しかし、プラットフォームのデメリットが一つ……それは「疲れる」こと。厚底でとにかく重くとにかく疲れやすいものが多く、腰痛の引き金になることも少なくありません。実際、筆者も昨年からプラットフォームを多く履くようになり、治りかけていた腰痛が悪化しました……。

◆履いていると疲れを癒してくれる

 ところが、このブランド「TELIC」はアメリカで生まれた「リカバリーサンダル」。そう、履いていると疲れるどころか疲れを癒してくれる、姿勢を整えてくれる効果があるのです。

 独特の形状のソールは確かに歩きやすく、数多あるプラットフォーム型の中でトップオブトップに疲労感が少ない。あまりに心地よく筆者は室内履きもTELICを導入したほどです。

 さらにこちら値段が格安! 世の中のプラットフォームサンダルは数万円するものもありますが、こちらは安いものなら9000円くらいで1万円を切るものも。体型をきれいに美しく見せてくれる上、疲れにくくしかも安い……これ買わない理由あります??

 以上、大人におすすめしたいスーツ・普段着・シューズの格上げブランドのご紹介でした! ぜひご参考に!



【MB】

ファッションバイヤー。最新刊『MBの偏愛ブランド図鑑』のほか、『最速でおしゃれに見せる方法 』『最速でおしゃれに見せる方法』『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』など関連書籍が累計200万部を突破。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」、ユーチューブ「MBチャンネル」も話題に。年間の被服費は1000万円超! (Twitterアカウント:@MBKnowerMag)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?