セダンやワゴンが国産車から消えゆくなか輸入車だけが生き残っている謎

セダンやワゴンが国産車から消えゆくなか輸入車だけが生き残っている謎

2リッターディーゼルと1.6リッターガソリンターボをラインナップ。新型BMW3シリーズより安くていい感じです。ナビなどの操作ボタンで、「ピアノ売ってちょ〜だ〜い!」のタケモトピアノごっこもできます

我々が子どものころ、家にあったクルマと言えばたいていセダンだったはず。実家が商売をしていた担当Kの場合、父親がライトバンを乗り継いでいたため、マークUやグロリアなどに乗っている家庭がうらやましかったとか。あれから30年……。国産セダンの新車なんて滅多に出ないのが当たり前のなか、なぜかセダンやワゴンが元気な輸入車の謎に迫りました!

MJブロンディ改め永福ランプ=文 Text by Shimizu Souichi

池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆国産車では絶滅危惧種のセダンやワゴンが輸入車では元気な理由

 今回はボディタイプを、服に譬えてみたいと思います!

軽自動車→サンダル

コンパクトカー→Tシャツ

ミニバン→ジャージ

SUV→お洒落スポーツウェア

セダン→スーツ

ステーションワゴン→ジャケット

 我が国でもかつてはスーツが主流で、それ以外はブルーカラー的な扱いでした。その後、配達用だったステーションワゴンがオシャレ着に昇格し、ブームが起きた時期もありましたが、21世紀に入ると、サンダルやTシャツ、ジャージの勢いに押されまくり、いずれも消滅の危機に瀕しております!

 現在の大まかなシェアは、サンダル4割、Tシャツ2割、ジャージ2割、お洒落スポーツウェア1割、スーツやジャケットは足して1割弱!

 おかげで、国産のスーツやジャケットは、恐ろしい勢いで市場から撤退しました。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)