女子空手の五輪メダル候補・植草歩「吉田沙保里さんのように競技の人気を高められる存在に」

女子空手の五輪メダル候補・植草歩「吉田沙保里さんのように競技の人気を高められる存在に」

女子空手の五輪メダル候補・植草歩「吉田沙保里さんのように競技の人気を高められる存在に」の画像

学生時代の部活帰りに「今日の練習キツかったね〜」「ヤバかった〜」と仲間同士で笑いあう会話は、たぶん日本全国、どこの学校でも展開されるありふれた光景だろう。しかし、植草歩は「こういうことを言ってしまっていたから、あの頃の私は最後の最後で勝ちきれなかったんだなって、いまならわかります」と語る。

〜もぎたて女子アスリート最前線 第31回〜

 いよいよ来年に迫った2020年の東京オリンピック。ここでメダルを期待されているのが前述した、女子空手・組手68キロ超級の植草歩だ。

 日本開催のオリンピックで、日本発祥の武術・空手の五輪正式採用。いやがうえにも注目が集まる空手競技の中で、植草の戦績は群を抜いている。全日本空手道選手権では現在4連覇と国内では敵なし。空手界のワールドリーグといわれるプレミアリーグでも2年連続年間チャンピオンに輝き、今年3連覇を目指している真っ最中。4月現在、世界空手ランキング68キロ超級でランク1位というのはダテではない。

 当然、これだけの成績を残している彼女には空手関係者でなくともメダル獲得を、それも金メダルを期待してしまう。

「皆さんの期待は嬉しいです。私も金メダルがほしいです」

 まったく臆することなく断言する彼女。金メダルを期待する人々のプレッシャーなど微塵も感じていない様子だ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)