作業服のワークマンがユニクロを超える日は来るのか?/リサーチャー・馬渕磨理子

作業服のワークマンがユニクロを超える日は来るのか?/リサーチャー・馬渕磨理子

「ワークマン」のホームページ

「あの企業の意外なミライ」を株価と業績から読み解く。滋賀県出身、上京2年目の犬より猫派、好きな言葉は「論より証拠」のリサーチャー・馬渕磨理子です。

 私はこれまで、上場銘柄のアナリストとしてさまざまな企業の業績予測、市況予測を行ってきました。また、自身で株式投資を5年以上に渡って行い、市場と向き合ってきました。

 当コラムでは、そんなリサーチャーである私、馬渕の視点からみなさまに「あの企業の意外な情報」をお届けます。

◆株価6万5000円台のユニクロは停滞期なのか

 さて、第一回で取り上げるのは今やアパレル業界の王様、「ユニクロ」を展開するファーストリテイリング(東1・9983)です。いえ、本当の主役は違います。ファーストリテイリングの業績を切り口に、ある企業の急成長の理由を紐解いていきます。

 まず、簡単に市況を振り返っておきましょう。

 10連休前のファーストリテイリング(以下、便宜的にユニクロと呼ばせていただきます)の株価は連騰し、65,490円(4月22日終値)を付け、上場来高値を更新しています。

 堅調な株価推移には2つの理由が考えられます。

1 直近決算では、業績予想を下方修正したものの、下期見通しは据え置いたことに好感が持たれたため。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)