米中衝突、関税バトルの行方 チキンレースに勝つのはどちらの国?

米中衝突、関税バトルの行方 チキンレースに勝つのはどちらの国?

米中衝突、関税バトルの行方 チキンレースに勝つのはどちらの国?の画像

血で血を洗う終わりのない関税バトルは、ついに“最終章”のページを開いた……。

 5月13日、米通商代表部(USTR)は、中国からの輸入品のほぼすべてに制裁関税を拡大する第4弾の詳細を発表。対象はスマートフォンやPC関連製品など3805品目に及び、最大25%の上乗せとなる。発動は6月末以降となる見通しだが、攻撃の手を緩める気配のない米国は、15日にも中国通信機器最大手「華為技術」(ファーウェイ)に事実上の輸出禁止措置を発動。5G(第5世代移動通信システム)導入直前に、中国の産業育成策「中国製造2025」を牽引するファーウェイを狙い撃ちしたことで、米中対立がさらに激しさを増すのは必至の状況だ。

 だが、高関税政策は「諸刃の剣」とも言われている。ファーウェイが公表した主要取引先92社のうち、インテルやクアルコムなど米国企業は30社を超え、地域別に見ると調達額は最大で年間100億ドル。米国市場では、ファーウェイへの輸出依存度が高い半導体企業の株が投げ売りされるなど混乱が広がったが、果たして、国家の威信を懸けたこの壮大なチキンレースに勝つのは米中どちらの国なのか? 経済評論家の渡邉哲也氏が話す。

「制裁の応酬は、米中両国ともに国内物価を上昇させ、個人消費を冷え込ませることになるでしょう。ただ、貿易依存度は米国の約20%に対して中国は約33%と影響が大きい。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)