手取り35万円中30万円を貯金する男の究極ライフスタイル

手取り35万円中30万円を貯金する男の究極ライフスタイル

不要なものを捨てた結果、さいたま市内に購入した約60uの自宅にはテレビすらない

人生100年時代の到来とともに飛び交う「老後資金は3000万円説」。その数字を耳にするたび「絶対無理!」と頭を抱える人も少なくないはず。だが、投資で大儲けしたわけでもなく、親が富裕層なわけでもなく、普通の年収ですでに3000万円を貯蓄した猛者たちがいる。彼らはどのようにして老後の安心を手に入れたのか!?

◆浪費癖が失業を経て激変。交際費なしで月30万円貯金

「収入があるんだから、使わなければ増えていくだけ」と語るのは、防災関連の営業スタッフとして働く鈴木義之さん(仮名・50歳)。節約を中心に40歳から約10年で3000万円を貯めたツワモノだが、30代後半までは浪費家だったそう。

「車が趣味で、10台くらい乗り換えました。ブランドものも好きで、カードローンで買ってボーナスで返済するような生活でしたね。30歳くらいから5〜6年間パチンコにもハマってしまい、貯金なんてまったくありませんでしたよ」

 浪費家から一転、ミニマル生活を送るようになったきっかけは38歳での失業だ。その期間は2年に及び、最初は生活苦のためにやむなく節約をスタート。40歳で再就職後もミニマル生活は継続し、現在は月35万円ほどの手取りから30万円を貯金している。

「食費はふるさと納税の返礼品を利用して、たまにスーパーの閉店セールで買うのみ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)