発達障害やうつの社員の扱いに悩む…中小企業経営者のホンネ

発達障害やうつの社員の扱いに悩む…中小企業経営者のホンネ

※画像はイメージです

― 連載「佐藤優のインテリジェンス人生相談」―

“外務省のラスプーチン”と呼ばれた諜報のプロが、その経験をもとに、読者の悩みに答える!

◆発達障害やうつの社員の扱いに困っています……

★相談者★しがない経営者(ペンネーム) 中小企業経営者 男性 55歳

 発達障害や軽度のうつを自己申告してくる社員が増えて頭を悩ませています。そういう社員は月に1、2度は仕事を休み(無断欠勤のときもあります)、遅刻は頻繁にします。会社に来ればまじめに仕事をしてくれるのですが、ここぞというときに休まれてしまうので、非常に困ります。病気だからと厳しく責任を追及しないようにすれば、まじめに働いてくれている社員が不満を感じます。かといって、病気なので欠勤を理由にクビにすることも憚られます。

 中小企業は人手が足りず、人員の補充が難しいという理由もあります。病気を抱える人も働ける職場というのは寛容で素晴らしく、病気を抱えている人にも優れた点があるのは承知しています。しかし、本音を言えば職場環境にはマイナスで、事業拡大にも若干のマイナス面があります。病気・障害を抱えた社員をどのように扱ったらいいのでしょうか? 佐藤さんのご意見を伺えましたら幸いです。

◆佐藤優の回答

 あなたと同じような悩みを、中央省庁の課長クラスや、大学の学部長から時々聞きます。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)