阪神タイガースの名勝負5番。令和元年に猛虎の逆襲はあるか…?

阪神タイガースの名勝負5番。令和元年に猛虎の逆襲はあるか…?

画像:野村メモ(日本実業出版社)

2019年のプロ野球シーズンは、令和初に戦いが繰り広げられる記念すべきもの。だが新時代に突入したとはいえ、野球ファンにとって忘れられないのは、平成30年間の熱き死闘だ。

 前回は星野&落合の黄金期、中日ドラゴンズの戦いを振り返ったが、野村克也&星野仙一という2人の名監督が率いたこともある阪神タイガースも忘れてはならない。2003年と’05年にはリーグ制覇も成し遂げており、数多くの“名勝負”は人々の記憶に残り続けている。今回も、名勝負5選をセレクトする。

◆新庄剛志、敬遠球をサヨナラヒット! 1999年6月12日 対読売ジャイアンツ戦(5-4)

 本拠地・甲子園球場で行われたこの日の伝統の一戦は4-4のまま、延長12回裏に突入していた。そしてこの回、1死一、三塁と一打サヨナラのチャンスを掴んだ阪神。ここで4番・新庄剛志がこの日、6度目となる打席へ。8回裏に起死回生の同点ソロを放つなど、この試合ここまで3安打を放っていた新庄を迎え、巨人ベンチは当然のように満塁策を選択する。

 だが、守護神・槙原寛己が投じた2球目は、敬遠球にしては高さ、コースともに外しきっていない甘い外角球となってしまう。次の瞬間、しなやかに全身を伸ばした新庄が大根切りのようにバットを振ると、打球は前進守備のショート・二岡智宏の左を転がり、レフト前へのサヨナラヒットに。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)