噂の一泊2490円激安温泉ってどうなの? 実際に泊まってみたら…

噂の一泊2490円激安温泉ってどうなの? 実際に泊まってみたら…

激安で温泉をのんびり楽しめたら…… ※写真はイメージです。本文と一切関係ありません

インバウンドの高まりやゲストハウスブームで、競争は熾烈を極める観光産業。東京や大阪などの主要都市では、ビジネスホテルでも一泊1万円を超えるのが当たり前になってきており、宿泊料金が高騰しているという側面も。かといって民泊やワケあり激安宿などでは、「他の宿泊客の声がうるさい」「トイレや風呂が汚い」など快適性に難がある場合も多い。そんななか、大阪市内に天然温泉付きで一泊5000円を切る宿があると聞き、クオリティを確かめてきた。

◆激安の温泉宿に泊まってみたら…

 予約したのは梅田から電車と徒歩で15分ほどの距離にある温泉宿H。最安値の素泊まりプランで一泊4980円なのだが、実はこのプラン、2人向けの料金。つまり、1人あたりに換算すると2490円(記者は5月上旬の平日に宿泊)という破格の料金だ。なお、プラス1100円で朝食もつく。

 駅からほど近い立地のため、特に迷うことなくホテルに到着。ロビー、エレベーター、廊下を通り部屋へと進んでいくが、掃除が行き届いており、従業員の接客もよい。気になる室内は、1人用の部屋にダブルベッドを詰め込んだ感じで狭くはあるものの、清潔感はあるし、アメニティも充実。テレビ、冷蔵庫、エアコン、ドライヤー、タオル、寝具、温水洗浄便座付きトイレはもちろん、空気清浄機やスマホ用の充電ケーブル、Wi-Fiもあり、体ひとつで来ても困らなさそうだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)