セブン、ローソンが実質値引きで「食品ロス」減らしに動いたワケ/馬渕磨理子

セブン、ローソンが実質値引きで「食品ロス」減らしに動いたワケ/馬渕磨理子

セブン、ローソンが実質値引きで「食品ロス」減らしに動いたワケ/馬渕磨理子の画像

「あの企業の意外なミライ」を株価と業績から読み解く。滋賀県出身、上京2年目、犬より猫派、好きな言葉は「論より証拠」のフィスコ企業リサーチレポーター・馬渕磨理子です。

 私はこれまで、上場銘柄のアナリストとしてさまざまな企業の業績予測、市況予測を行ってきました。また、自身で株式投資を5年以上に渡って行い、市場に向き合ってきました。

 本企画では、そんなリサーチャーである私馬渕の視点からみなさまに「あの企業の意外な情報」をお届けます。

◆大手コンビ二が「食品ロス」対策に力を入れるワケ

 今回取り上げるのは、「令和時代のコンビニ業界の未来」です。

 特にフォーカスを当てるのは食品ロスへの取り組みです。

 毎日、大量の食品が廃棄されているコンビニ。現在、1日当たり380〜600トンの食品が全国のコンビニで廃棄されています。しかし、各報道機関の発表によると、2019年秋より各大手コンビニチェーンは食品ロスに本腰を入れるようです。

 賞味期限が迫ったおにぎりやお弁当を買った客に対して、セブン‐イレブンは今秋からnanacoポイントを数%上乗せし、ローソンも10%実質値下げすることを発表しました。
 なぜ食品ロス問題に重い腰を上げたのか。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)