“高校生らしくない”からツーブロック禁止。理不尽な校則に怒り/鴻上尚史

“高校生らしくない”からツーブロック禁止。理不尽な校則に怒り/鴻上尚史

※写真はイメージです(以下、同)

― 連載「ドン・キホーテのピアス」<文/鴻上尚史> ―

◆大人気ないが校則問題には熱くなる

 大人気ないぞと突っ込まれると、「ホントにそうですよね」と溜め息と共に認めるのですが、それでも、新聞記事で「高校生の髪形、ツーブロックは禁止。理由は『高校生らしくないから』」なんてのを見ると、もう気持ちは、高校生に一気に飛んで、「ふざけんじゃねー!」と興奮してしまうのです。

 で、ツイートしてしまうわけです。

「『中学生らしくない』『高校生らしくない』という何の根拠もない理由で無意味な校則がゴリ押しされていく現実を見るたびに、心は40年以上戻って中坊や高校生になる。あの頃から何も変わってない。何より絶望するのは、この言葉に憤っていた人が今、思考停止のまま繰り返し押し付けていること」と書きました。

 で、続けて、

「僕が無意味な校則問題に敏感に反応するのは、学校は、知識を伝えるのではなく、考え方を伝える場だと思っているから。特に変化の激しい現代では知識より思考方法がはるかに大切。なのに『高校生らしくない』という『明確な論理的根拠はない。思考するな』という態度を刷り込む危険は卒業して増大する」と書きました。

 多くの人達は賛同してくれましたが、予想通り、プチ炎上して、いろいろと反論がきました。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)