地震大国ニッポンで…災害時に使える十徳ナイフ3選

地震大国ニッポンで…災害時に使える十徳ナイフ3選

日本では、いつ大きな地震が起きてもおかしくない。※画像はイメージです

5月10日、宮崎県で震度5弱の地震が発生した。日本は世界有数の地震頻発国であることを忘れてはならない。いや、地震だけではなく集中豪雨による水害も発生する。日本に住んでいる限り、いつ避難生活を強いられるのかは予測がつかない。

 避難所の中では缶詰も開けなければならないだろうし、ちょっとした工作もしなくてはならない。出てくる飲料がプルタブの缶やペットボトルとは限らない。王冠で封がしてある瓶に入れられたミネラルウォーター、というのも存在する。

 そんな災害発生時に大活躍する道具がある。「十徳ナイフ」とも呼ばれるマルチツールだ。

◆自然災害に備える! 国内外の最先端「十徳ナイフ」3選

 さて、「十徳ナイフ」と聞いてどのような姿形を連想するだろうか。恐らくビクトリノックスのような、グリップの部分にナイフやら栓抜きやらハサミやらがいくつも収納されている製品を思い浮かべるだろう。だが、十徳ナイフも時代と共に進化する。

 国内クラウドファンディング「Makuake」のマーケットプレイスで販売中の「Key-Quest」である。岐阜県関市の企業が開発した、正真正銘の日本製だ。

 鍵と一緒にキーホルダーにくっ付けて持ち運べる、というのがセールスポイントの製品であるが、一応このKey-Questにもナイフが内蔵されている。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)