映画『アラジン』には恋愛の大切なエッセンスが詰まっている/藤沢数希

映画『アラジン』には恋愛の大切なエッセンスが詰まっている/藤沢数希

?2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

〜藤沢数希のモテる映画工学『アラジン』〜

◆ディズニーのアラジンには恋愛の大切なエッセンスが詰まっている!

 アラジンは『千夜一夜物語』の中の「アラジンと魔法のランプ」を基に、ディズニーがアニメにして大ヒットさせた物語だ。ミュージカルなどでも人気になり、繰り返し世界中で上演されてきた。

 今回は実写化で僕はもちろんストーリーを知っていたが、やはり名作は何回見ても面白い。そして、アラジンには恋愛の大切なエッセンスが詰まっているのだ。

 主人公のアラジンは幼い頃に両親を亡くし、生きていくために泥棒をしながら相棒の猫と一緒に暮らしている。ある日、王女のジャスミンは、退屈な城での生活から抜け出し、そんなアラジンが暮らす街に身分を隠して遊びにきていた。

 ジャスミンが街の衛兵たちに絡まれているところを、アラジンが持ち前の機転を利かせて助け出す。そして、2人は街の細い路地を駆け回り、衛兵たちから逃げるのだった。

 この若くて美人、そして超お金持ちのジャスミンであるが、王様から早く結婚するように急かされている。次から次に紹介される大金持ちでハンサムな王子たち。王子たちも、この超金持ちの美女に必死に求愛する。

 俺はこんな土地を持っている、こんなに使用人がいる、こんなにたくさんの財宝を君にプレゼントするよ、と。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)