上司と部下の板挟み…40代管理職がしがちな最悪な対応とは?

上司と部下の板挟み…40代管理職がしがちな最悪な対応とは?

イラスト/市橋俊介

経営陣と一般社員を?ぐポスト、管理職。4月1日から実施された「働き方改革」や、「プレイングマネジャー化」など、受難の時代を迎えている管理職の悩み&解決法を具体的に解説!

◆上司からは業績、部下から不満 板挟みで逃げ出したくなる

 現在、課長クラス(課長・室長・マネジャー)の役職に就く30〜50代の男性300人(調査は3月18日〜22日)にアンケートした結果「上司と部下の板挟み」(111人)に悩む人も多く、現場では慢性的な人手不足なのに、会社からは残業時間の削減を求められるという、大きな矛盾が生じ始めている。さらに、「“年齢のギャップ”による板挟みも生じます」と話すのは、社会保険労務士の平田純一氏だ。

「バブル期で育った50代、ゆとり世代の20代では当然仕事観にはギャップがあります。初めて管理職になるであろう40歳頃が、中間でどっちの気持ちもわかる。だから挟まれてしまうのです」

 このときに両者に“いい顔”をするのは、最も悪手だという。

「結論を先延ばしにしているにすぎません。また、『自分もやりたくないんだけど、上の意向で仕方がないんだ』という形式のマネジメントを行う人はたくさんいますが、これをやると部下からの信頼は大きく損なわれます。時には上司に意見も述べるべき」(平田氏)

 解決策について、平田氏は“翻訳者”に徹することだという。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)