転勤を拒否して退職した30代男の後悔「地元を離れたくなかっただけなのに」

転勤を拒否して退職した30代男の後悔「地元を離れたくなかっただけなのに」

転勤を拒否して退職した30代男の後悔「地元を離れたくなかっただけなのに」の画像

就職先や転職先を探す際、転勤の有無は大きなポイントのひとつ。全員が重視するわけではないが、気にする人も多いはずだ。

◆会社が吸収合併され、転勤ナシの環境が一変

 だが、仮に転勤のなかった会社だとしても地方転勤を命じられる可能性がゼロなわけではない。7年前に転勤拒否で会社を辞めた吉尾淳行さん(仮名・38歳)も「入社時に転勤がないのを確認していたから裏切られた気分」と話す。

「小さなウェブサービス系の会社に勤めていたのですが、業務提携先の企業に吸収合併されることになったんです。そこは複数の事業を扱い、全国各地に拠点を持っていました。転勤ナシというのはあくまで元の会社での話でしたから『ウチでは同じ条件を提示できない』と言われてしまったんです」

 しかし、当時すでに30代。できれば転職を避けたいとの気持ちもあり、すぐに転職の決断は下せなかった。

「転勤はあくまで可能性に過ぎず、聞いたらずっと同じ場所で勤務している人もいましたし、異動といっても引っ越す必要のない距離のケースもあるという話を聞いたからです。だから、そこに賭けてみたんですけど、合併先の会社で働き始めてからしばらくして西日本の支社への転勤の話がありました(苦笑)」

 まだ打診の段階だったが、断っても社内での立場を悪くするだけだと思った吉尾さんは、ここで退職することを選んだという。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)