価値ある中古品をどう見抜けばいいのか? もっとも簡単な方法は…

価値ある中古品をどう見抜けばいいのか? もっとも簡単な方法は…

様々な中古品を愛用する私でも靴の中古品は避けます

腕時計もクルマも好きな斉藤由貴生です。私は、現代のおかしな消費を変えるために実践を重ねながら、いろいろ研究してきました。私は30代のいわゆるバブルを全く知らない世代です。所有欲の薄い世代とは言われますが、私の場合は、むしろ価値あるものは我慢せず所有したいと考えています。そんな私の価値観を、不定期ですが披露したいと思います。

◆第21回 価値がある中古=老舗ブランドと考えよう

 今回は、ざっくり「中古」と言ったところで「どのようなモノに価値があるのか?」を、わかりやすくお伝えしましょう。

 簡単なのは、世界中にファンが多い老舗ブランドです。腕時計、家具、洋服、カバン、貴金属、車、オーディオ、楽器などなど、様々なモノに歴史があるブランドが存在します。それほど詳しくない分野もあるかもしれませんが、詳しくない人でも「どこかで聞いたことがある」というブランドは本物であり、間違いなく価値のあるモノです。

 売るという視点ならば、買い手が多いほうが断然有利です。質屋さんを覗いていただきたいのですが、店内には様々なブランド品が並んでいます。あれこそ価値のあるモノです。

 もちろん、すべてのブランド物をいきなり買うというのは無理でしょうし、やみくもに価値がわからないまま揃えると失敗します。最初に買うべきは、自分が最も興味のあるカテゴリーです。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)