安倍政権は「民主党よりマシ」以外に何の成果を出したのか/倉山満

安倍政権は「民主党よりマシ」以外に何の成果を出したのか/倉山満

菅義偉官房長官は5月17日の記者会見で、不信任決議案が解散の大義になるかを問われ、「当然なる」と明言。首相の専権事項への踏み込んだ発言となった(写真/時事通信社)

― 連載「倉山満の言論ストロングスタイル」―

◆安倍政権の6年間で、一体何の成果が?

 アメリカのドナルド・トランプ大統領が帰国した。令和初の国賓である。安倍首相は接待に大わらわだったが、評価は「まあ、こんなもんだろう」としか言いようがない。「アメリカ幕府の外様大名」としては上首尾だったのではないか。

 これで「北朝鮮拉致被害者を取り返せた」ならば成功だったと言えようが、去年もそんな話をしたような気がする。長期政権を樹立する総理大臣に対する国民の採るべき態度は、ただ一つ。結果を出すまで甘やかすな! しかない。

 この期に及んで安倍応援団は「安倍首相を信じられないのか」などと居直るが、6年も政権を独占していて、「民主党よりマシ」以外に何の成果も出していない総理大臣を批判するなとは、何様のつもりか。

 こういう取り巻きが跋扈するだけでも、安倍晋三さんの存在そのものが日本国にとって害になっていると評さざるを得ない。6年前は本気で安倍さんには日本救国をお願いしただけに、心の底から残念に思う。

◆トランプ大統領のツイート「elections」への憶測

 さて、トランプ大統領のツイッターが話題になっている。貿易問題の処理は、選挙(elections)の後だとつぶやいたのだ。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)