『死を体験するイベント』に参加する20〜40代が急増 世に蔓延する生きづらさが一因か

『死を体験するイベント』に参加する20〜40代が急増 世に蔓延する生きづらさが一因か

記事まとめ

  • 横浜市にある寺院の住職が主宰する『死を体験するイベント』に参加する20〜40代が急増
  • 『死を前に何を優先するか』を突きつけられ自然と人生の優先順位が可視化されるという
  • 終活とは無縁の世代が『死』と向き合おうとする一因は、世に蔓延する生きづらさらしい

「死を体験したい」20〜40代が急増中。一体なぜ?

「死を体験したい」20〜40代が急増中。一体なぜ?

「死を体験したい」20〜40代が急増中。一体なぜ?の画像

終活ブームのさなかで、ひとつの不思議な現象が起きている。それは20〜40代の若い世代が「死を体験するイベント」に続々参加しているというもの。終活と無縁の世代がなぜそこへ向かうのか。その現場に足を運んでみた。

◆「死」を体験するプログラムで人々は「生」を実感する

 人が自分の死を意識するのは、いくつぐらいからなのか。各週刊誌やテレビがこぞって終活特集を組んだり、坂上忍や秋野暢子ら芸能人が自らの終活を告白したりと、空前の終活ブームである。その影響もあって、まだ若いのに「死を体験するイベント」に参加する人々が急増。実態を探るべく、「死の体験」に足を踏み入れた。

 最初に訪れたのは、首都圏を中心に人気の「死の体験旅行」。主宰は横浜市にある寺院の倶生山なごみ庵・住職の浦上哲也氏。同イベントで使用されるのは、元は海外のホスピス向けに開発されたプログラム。それを浦上氏が独自にアレンジし、実施しているという。

 開催場所の都内の寺院に集まったのは、28人の男女。年齢層は20〜40代が中心。仕事帰りか、スーツ姿の男性の姿も見られた。

 まず、参加者たちが「家族」「仕事」など自分にとって大切なものを紙に書き、ワークショップは始まる。住職が読み上げる「病が発覚した“私”が命を終えるまでの物語」を聞きながら、参加者は、事前に紙に書いた「大切なもの」を取捨選択していく。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)