不登校YouTuber・ゆたぼんは幸せ?不幸?――ひろゆきの考えは…

不登校YouTuber・ゆたぼんは幸せ?不幸?――ひろゆきの考えは…

※画像は「少年革命家ゆたぼんチャンネル」より

― ひろゆきのネット炎上観察記 ―
▼「不登校は不幸じゃない」10歳ユーチューバーは幸せか?

 学校に通わないことを宣言し、いじめや不登校に悩む子や親に「不登校は不幸じゃない」との動画を発信する10歳のユーチューバー『少年革命家ゆたぼん』。その言動にツイッター上では賛否両論が巻き起こっているが、その背景に見え隠れする親の存在に「義務教育すら終えられないことが不幸そのもの」「大人の食い物」など親の責任を追及する声が……

◆頭のおかしな親の子育てより、社会による子育てのがマシ

 少子化対策で「子供が産まれたら1000万円(※1)を配る」って話をすると、「カネ欲しさに子供をつくる親が出てきたら子供がかわいそう」とか育児放棄の問題が出てきますけど、親がおかしいなら役所や社会が全寮制の学校で引き取るとかの仕組みにすればいいと思ったりしています。

 んで、話題の10歳の不登校ユーチューバーですけど、子供の不登校(※2)はしょうがないし、必ずしも学校に行く必要はないと思いますけど、親は子供に「教育を受けさせる義務」があるわけで、集団生活の経験や知識などもあるので学校に行ったほうがいいと思ったりしています。

「学校の勉強は役に立たない」って意見も、役に立たない勉強はあるものの、例えば算数ができないとまともな仕事に就けないわけです。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)