カラオケバーが新たな出会いの場に!? 実際に行ってみたら…

カラオケバーが新たな出会いの場に!? 実際に行ってみたら…

親密になった女性とソファ席で歌う。人見知りの記者が言うのもなんだが「恥ずかしがって歌わない」という選択肢はNG。気張って場の雰囲気に乗った者勝ち

◆<カラオケバー>かつてのお忍びスポットがカジュアルな出会いの場に

●調査員:ライターA(35歳)……彼女いない歴3年、ナンパ経験皆無でカラオケバーへの潜入に緊張しきりの人見知り奥手中年。カラオケは好きだが歌唱力はイマイチ

 ナンパの聖地ともてはやされる飲み屋街や出会いをウリにした飲食店は数あれど、それらはすでに手垢がつきまくっているもの。競合男性も多いほか、鼻息荒い男たちに女性が敬遠し始めているのが現実だ。そんななかで見つけた新たな“出会いの穴場”がカラオケバーだ。

「タレントや業界人のお忍びスポットとしてクローズドなイメージが強いカラオケバーですが、近年ラグジュアリー感を残しつつもカジュアル化した非会員制のカラオケバーが都内に続々とオープンしています。既存の出会いスポットに飽きた女性たちが夜な夜な出会いを求めて集まってきてますよ」

 そんな情報をくれたのは大手レコード会社で営業を務める宮原悟氏(仮名・40歳)。彼の情報をもとに記者が恐る恐る向かったのは渋谷のカラオケバー「N」だ。

 客は記者だけだったのでバーテンダーと他愛のない会話を繰り広げながら女性客を待っていると、21時すぎに20代半ばと思しき女性2人組が入店。おじさん街道爆進中の記者にとって普段ならまるで接点のない人種だが、バーテンダーが気を利かせ、カウンターに座った彼女らに記者を紹介してくれた。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)