サッカー昌子源をフランスで直撃「W杯の悔しさが海外移籍を押した」

サッカー昌子源をフランスで直撃「W杯の悔しさが海外移籍を押した」

撮影/栗原正夫

’18年サッカーロシアW杯では全4試合中3試合にセンターバック(CB)としてフル出場するなど、2大会ぶりの16強入りを果たした日本代表の躍進に貢献した昌子源(26歳)。大会後はケガもあったが、11月に鹿島アントラーズに悲願のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のタイトルをもたらすと、年明けには欧州5大リーグの一つ、フランス1部リーグのトゥールーズへ移籍した。

 ロシアW杯では「スタメン唯一の国内組」とも称されたが、晴れて海外組となった男は何を思っているのか。3月の代表ウィークでは、およそ8か月ぶりに復帰。森保ジャパンで新たな一歩を踏み出し、3年後のカタールW杯でも守備のリーダーとして期待される昌子を現地で直撃した。

◆海外移籍には全く興味がなかった。ただ、W杯の悔しさが自分を押した

 移籍から約5か月。昌子は1月19日、21節のニーム戦でフランス1部リーグにデビューすると、その後はリーグ16戦連続でCBとしてフル出場を続けている。フランスといえば、身体能力に優れたアフリカ系の選手が多くいることでも知られるが、どんな印象を持っているのだろうか。

「やっぱりアフリカンというか、身体能力の高さには毎日びっくりさせられています。鹿島時代は、CBでコンビを組んでいた植田(直道、現セルクル・ブルージュ/ベルギー)の身体能力はハンパないって思っていましたけど、アイツみたいのがゴロゴロいますから。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)