イノシシを一撃で撃退…強すぎる父親に息子は何を思うのか?

イノシシを一撃で撃退…強すぎる父親に息子は何を思うのか?

イノシシを一撃で撃退…強すぎる父親に息子は何を思うのか?の画像

「ウチの父親は、最近問題になっているモンスターペアレンツとは別の意味で怪物。誰かに迷惑をかけるわけではないですが、長男の私は昔から振り回されっ放しで……」

◆一般人なのに身体能力がプロアスリート並み

 そう訴えるのは、地方公務員の塩見卓朗さん(仮名・26歳)。実は、彼の父親はプロアスリートもビックリするほどの身体能力だという。

「雰囲気的には、タレントの武井壮さんをさらにマッチョにしたような感じです。子供のころはリンゴを素手で握り潰すのを何度も目撃しました。小学校ではほぼ毎年、父兄が出場するリレーに参加していて、いつもぶっちぎりでした。100メートルのベストタイムを聞いたら『若いころだけど11秒台』って。そもそも元陸上部ですらないのに(苦笑)」

 ちなみに父親は柔道で全国大会出場の経験もあるらしく、高校卒業後は体育大学に進学。卒業後は警備会社に就職し、今も身体を鍛えるのが趣味で日課になっている。

「柔道以外にも格闘技全般が好きみたいで空手も黒帯。ほかにもサンボやムエタイなどのジムに通っていた時期もあり、子供のころに父親が出場したアマチュア格闘技の大会に母親と応援に行ったことも何度かあります。

 今でも鮮明に覚えているのは、和彫りの入れ墨が入った強面の相手を1ラウンドでボコボコにしてKO勝ちしたこと。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)