昭和的ラブホが密集する鶯谷に登場した「第二のバリアン」/文筆家・古谷経衡

昭和的ラブホが密集する鶯谷に登場した「第二のバリアン」/文筆家・古谷経衡

完全にバリアンを模倣したホテル”ピュア・アジアン”

独りラブホ考現学/第11回

◆ラブホの概念を一変させたリゾートラブホ

 筆者は本連載第5回で、ラブホテル業界の革命児として「ホテルバリアンリゾートグループ」の存在を挙げた。その要旨とは、インドネシア共和国のバリ島(南国)をモチーフにした同ホテルが、これまで殺風景だったラブホテルの概念を一新させ、新しく「リゾートラブホ」というジャンルを開拓し、主に女性客に訴求する店舗づくりを主導することによって、業界内でも次々にバリアンに追従する動きが出てきていること(室内リニューアル)、等々である。

 確かに、「ホテルバリアンリゾートグループ」は、ラブホテル界にとっては革命であった。フロントは岩清水と小鳥のさえずりが漂う。フロアー各所には南洋の観葉植物、木彫りの彫刻やカエルをモチーフにした、いかにも南国リゾート風の小物で占められている。

 日本のラブホテル事情を全く知らない外国人がバリアンリゾートグループを訪れたなら、これが新型方式のセックス・ホテルであることに気がつくまで、多大な説明と時間を要するであろう。それほど、バリアンの衝撃は大きく、そしてバリアンの登場により旧来のホテルグループは、回転ベッド、室内自販機、スロットマシーンさえ置いてあれば、あとは適当に客のほうが忖度して帰ってくれるという方程式を崩さざるを得なくなった。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)