7万円の中抜きも…激安葬儀を支える下請け会社の苦しい実態

7万円の中抜きも…激安葬儀を支える下請け会社の苦しい実態

7万円の中抜きも…激安葬儀を支える下請け会社の苦しい実態の画像

各TV番組や週刊誌が絶賛する“激安葬儀”。しかし、調査してみると多くの落とし穴が!?

◆なぜ激安葬儀業者の搾取に葬儀社は甘んじるのか?

 激安葬儀に発生する追加料金など、業界のシステムを支えるのが下請けの葬儀社たち。ある激安葬儀業者の直葬プラン18万8000円の場合、約7万円を中抜きされたあと請負うことも。割を食いながらも、なぜ葬儀社はこの構造に耐え続けるのか?

 その背景を、1級葬祭ディレクター・佐藤信顕氏は「直葬、家族葬のブームで葬儀社も仕事が激減。開店休業状態ならばと、激安葬儀を下請けしてしまうのが実情です」と解説。

 そして、それは諸刃の剣だと指摘するのは、宗教学者の島田裕巳氏だ。

「多くの人が、直葬や家族葬を選択肢として受け入れ始め、受注数は増えたかもしれません。しかし、利益が薄いので、いくらやっても前の水準には戻れない。葬儀業界は自分で自分の首を絞めている状態になっています」

 昨今、IT系を中心に葬儀業界に参戦する企業が増え、競争はさらに激化すると指摘するのが、葬儀コンサルタントの吉川美津子氏。

「すでに各社とも収益化はギリギリの状態。今後も、競争が続けば、業界自体が先細る一方ですね」

 負のスパイラルに陥る葬儀業界。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)