「ジャマだジジイ!」ブラック再雇用の酷すぎる現状

「ジャマだジジイ!」ブラック再雇用の酷すぎる現状

※写真はイメージです

いま、定年後に、引き上げられた年金受給まで耐えられずに破産する「定年破産」が増えている。背景にあるのは役職定年や定年再雇用による賃金の低下、さらに晩婚化で住宅ローンや高い教育費が60歳をすぎても重くのしかかる。70歳まで普通に働いても、人生100年時代を乗り切ることはできないのか。世間の“普通”が揺らぐ!

◆賃金もバイト並み「ブラック再雇用」

 賃金が急降下する定年再雇用。「ご褒美再雇用は役員クラスの一握りのみ。中にはバイト並みに下げられることも……」と話すのは、社労士の平田純一氏だ。

「定年を迎えた人が“望めば”必ず65歳までは継続雇用するという制度で、契約賃金は会社に委ねられています。最低賃金並みの時給制で、社会保険や厚生年金の加入が不要になる週20時間以内労働という契約も。国から支給される高年齢雇用継続給付を加えても、月10万円程度の人もいます」

 そんな賃金契約でも、すがりつきたいのが定年世代の本音。しかし、キツい業種もあるとも。

「顕著なのは建設業。やはり定年世代に高所作業、力仕事を任せるのは難しい。おまけに取引先からも『60歳以上は現場に出すな』という要求は多いそうです。体育会系の職種だけに、管理者から『使えねぇな。ジャマだジジイ!』と罵詈雑言を浴びせられることも。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)