40代で老後資金3000万円を貯めた人々でも不安多数 最大のリスクは「長生き」とも

40代で老後資金3000万円を貯めた人々でも不安多数 最大のリスクは「長生き」とも

記事まとめ

  • 金融庁が、年金だけだと老後2000万円が不足するとの報告書をまとめて物議を醸した
  • 40代にして老後資金3000万円を貯めた人々でも「老後は不安」が大多数だという
  • 最大のリスクは「長生き」で、70歳頃に亡くなれば老後を憂鬱に捉える必要はないとも

貯蓄3000万円あっても不安な人々。最大のリスクは「長生き」か!?

貯蓄3000万円あっても不安な人々。最大のリスクは「長生き」か!?

貯蓄3000万円あっても不安な人々。最大のリスクは「長生き」か!?の画像

人生100年時代の到来とともに飛び交う「老後資金は3000万円説」。その数字を耳にするたび「絶対無理!」と頭を抱える人も少なくないはず。先日、金融庁年金だけだと2000万円不足するとの報告書をまとめて物議にも。老後の安心とは、一体いくら必要なのだろうか?

◆まもなく生涯現役時代が到来。最大のリスクは「長生き」か!?

 40代にして老後資金3000万円を貯めた人々は、3000万円あってもなお「老後は不安」が大多数。では、一体いくらあれば安心できるのか?

=====
Q 貯蓄3000万円あれば老後も安心だと思いますか?

・まったく安心じゃないので貯め続ける…80人
・働き続けられれば安心…16人
・安心…4人

※個人年収500万円以下(世帯の場合は妻の年収200万円以下=世帯年収700万円以下)の30代後半〜50代前半の男性。既婚50人、独身50人
=====

 まずは現在の40代が60代となる20年後の社会状況を予測してみよう。まず経済アナリストの中原圭介氏は「日本の景気は楽観的に見ても現状維持が精いっぱい。加えて、生産年齢人口も減少するので、20年後には高齢者の定義が変わっているはずだ」と指摘する。

「現在進行形で高齢者雇用安定法の改正案が審議されており、政府は将来的に雇用が70歳まで義務化される道筋をつけたいのでしょう。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)