“300億円の男”エムバペ選手が初来日。世界最高FW、20歳の素顔

“300億円の男”エムバペ選手が初来日。世界最高FW、20歳の素顔

キリアン・エムバペ選手

6月18日早朝。パリ・サンジェルマンFCに所属するサッカー仏代表FWのキリアン・エムバペ選手(20)が初来日し、羽田空港到着ロビーを賑わせた。

◆20歳の若さで“300億円の男”エムバペ選手

 エムバペ選手は2018年FIFAロシア・ワールドカップ(W杯)において背番号10番を背負い出場。圧倒的なスピードと得点感覚から4得点を挙げ、母国フランスを1998年以来20年ぶりとなる2度目の優勝に導き、最優秀若手選手賞を獲得した世界的なスーパースターである。

 また、“世界最高額のサッカー選手”とも言われる。今年6月にサッカー関連調査機関『CIES Football Observatory』が様々な指標ではじきだした移籍市場での評価額で、エムバペ選手は2億2380万ポンド(約304億3680万円)と、欧州5リーグのNo.1に輝いたのだ。

 さて、今回の来日の目的は、日本企業としては初となるアンバサダー就任に関するものだ。

 まだ20歳という若き注目のストライカーが今回来日した目的は、6月19日におこなわれたメンズスキンケアブランド『BULK HOMME(バルクオム)』のグローバルアンバサダー就任に伴う記者発表会や各種イベントへの登壇のためだ。

 株式会社バルクオム 代表取締役 CEO 野口卓也氏は、次世代スーパーストライカーとして世界中で注目を集めるエムバペ選手のビジョンやその強いエネルギーに感銘を受け、アンバサダー起用をオファー。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)