「中年男性の汚い爪は鳥肌モノ」と女性の声…正しいお手入れは?

「中年男性の汚い爪は鳥肌モノ」と女性の声…正しいお手入れは?

白い筋も目立っていた爪が施術後はツヤツヤで健康的なピンク色に。ツヤは約1週間持続するそう

ちょっと見た目をケアするだけで、男の印象は格段にアップする。「おじさんは生きてるだけでキモがられる」と被害者ぶる前に、ほんの少しの意識改革で“イケてる爽やかおじさん”を目指せ!

◆爪のケア不足は想像以上に悪印象

「伸びた爪が黒ずんでいると鳥肌モノ。巨峰でも食べたの?と思う」(36歳女性・印刷)など、爪のケア不足は想像以上に悪印象。「ネイルクイックレミィ五反田店」の千葉珠美店長は、小まめなケアはプラス評価にも繋がると語る。

「ここ3年ほど需要は高まっています。美容に熱心な方のほか、営業マンや経営者の方も多く、年齢は40〜50代が中心ですね。爪も年を重ねると乾燥しがちになり、白っぽさやタテの筋、ささくれが目立つようになるんです」

◆爪を整え磨くだけで繊細で清潔な印象に!

 爪の筋が目立つ記者も施術してもらうことに。まずヤスリで爪の形を整え、お湯で甘皮部分をふやかしていく。角が目立ち、先端が剥がれがちな爪切りでのカットに比べ、美しく丸みを帯びた形になった。形がガタついていた甘皮も除去し、ササクレも取り除いてもらうと、さらに清潔感アップ! 最後は表面を磨いて終了だ。

「磨き方でツヤの強弱は変えられます。透明なマニキュアも塗れますが、男性は『自然なツヤが出る程度に』という方が多いですね」

 やや強めに磨いてもらった仕上がりは、驚くほどツヤツヤで健康的なピンク色に。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)