「デブ=クサい」は誤解なのか…その医学的メカニズムとは?

「デブ=クサい」は誤解なのか…その医学的メカニズムとは?

「デブ=クサい」は誤解なのか…その医学的メカニズムとは?の画像

デブのデブによるデブのためのファッション&ライフスタイルウェブマガジン『Mr.babe』編集長の倉科と申します。

◆なぜ「デブはクサい」と思われてしまうのか?

「イメージ臭」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 例えば、ヨレヨレのトレーナー、伸びまくったスウェットパンツ、垢で真っ黒になったシャツの首元、そのほかにも猫背やガニマタ、脂ぎった髪の毛、覇気のない表情……。こういった視覚から入る「ダメな見た目」から人は(特に女性)はニオイを連想し「クサそう! というか、クサい!!」と、本当は臭わないかもしれないのに、そのイメージから「汚臭」を感じ取ってしまうらしいのです。

 私も以前、インタビューで女性に「太った人の臭いってどんなイメージですか?」と聞いたときに「なんか太ってる人って、おでんクサくないですか〜。ていうか、人によっては機械油のニオイっていうか、とにかく遠くからでもそんな臭いを感じることがあるんですよね……」と言われました。

 デブ代表の私としては非常に心外ですし、「よっぽど汚デブ(不潔なデブ)でもない限り、そんな遠くから臭うわけないでしょ!」と思い、調べてみたところ、「イメージ臭」という言葉が存在することを知ったのです。

「デブ=クサい」なんて、清潔なデブにとっては誠に心外である話だし、普通体型の人だってニオイのケアをせず、不潔であればクサいはずなのに……。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)