命を落とす危険も? 参拝するのが日本一危険なお寺に行ってみた

命を落とす危険も? 参拝するのが日本一危険なお寺に行ってみた

三佛寺投入堂

国内には約7万7000の寺院があるといわれるが、なかでも“日本一危険”と評されるお寺がある。鳥取県のほぼ中央、三朝町にある『三佛寺投入堂』だ。

◆どうやってここに建てたのかは今も謎のまま

 この投入堂は三佛寺の奥院で、建っている場所は切り立った崖の窪み。706年、修験道の開祖として知られる役小角(えんのおづぬ)が法力の力で仏堂を投げ入れた伝えられている。

 近年の科学的調査により平安後期の建築物とされているが、「なぜこんな場所に?」と思わず首を傾げたくなる。現在と違って重機のない時代にどうやって建てたのか、その工法については今も謎のままだ。

 しかも、参拝するには高低差160メートル、距離にして700メートルも山道を登らなければ拝むことすらできない。この登山道が曲者で、道とは名ばかりの険しさで過去には滑落による死亡事故も起きている。

 調べたところ、2003年以降に投入堂へ向かう途中で亡くなった人は少なくとも5人。参拝途中で命を落とすほどの危険のある寺社なんて聞いたことがないが、どうやら“日本一危険なお寺”というは単なる誇張ではないようだ。

 だが、逆にそれで興味が湧いてしまった。ちょうど別件の取材で山陰を訪れる機会があったので、そのついでに投入堂に行ってみることにした。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)