シリアで拘束された安田純平氏、今もパスポートが取れない日本の異常

シリアで拘束された安田純平氏、今もパスポートが取れない日本の異常

安田純平氏

◆トルコ入国拒否を理由に、パスポート発給されず

 シリアで武装組織に拘束され、昨年10月末に3年半ぶりに帰国したジャーナリストの安田純平氏は、パスポートを申請したものの発給されないままになっているという。

「シリアで没収されたので今年1月に発給申請したのですが、審査中と言われたまま発給されていません。外務省によると、昨年帰国する際にトルコから強制退去・入国拒否にされていたので、渡航先が入国拒否している場合は旅券を発給しないか制限できる、という旅券法13条1項1号に該当の可能性があると。申告した渡航先にトルコは入れていないのですが、世界中どこにも行けない状態です」

 安田さんによると今年1月の申請の時点で、通常は必要がない渡航先や日程・目的の記載を求められ、3月までに『インド、欧州、カナダに家族旅行に行く』と書いて提出した。その後、日程が過ぎた4月に外務省から呼び出され、新たな申請を求められたという。

「3月が過ぎても旅券が出ないので、何も予定はありませんでした。しかし、外務省に呼び出されて『渡航計画をいま出してほしい』というので、その場でインドや欧州への家族旅行の計画を立てて申請しました。

 しかし、インド渡航の日程が過ぎても連絡なく、問い合わせても『審査中』というだけでした。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)